導入事例

|デザート・弁当・総菜工場|200名規模|
カッターミキサーの大型化で生産性が5.5倍に成長した事例

業種 デザート・弁当・総菜工場
エリア 広島県
規模 約200名

当社は大手コンビニチェーン店向けにデザートやおにぎり、お弁当、サラダ、総菜などを製造しています。

商品の1つにチーズロールケーキがあり、すっきりした味わいに、ふんわりとしながらもしっとりとした口当たりで大変好評です。チーズロールケーキの製造工程では生クリームとクリームチーズを混ぜ合わせて乳化させ、チーズクリームホイップを作る工程があるのですが、人の手で混ぜ合わせると時間がかかり、また重労働となるため、カッターミキサーを使用しています。

既存のカッターミキサーは1回の撹拌処理量が5.5ℓと少し小さく、生産量を満たすため何度も投入が必要でした。また、鉄製であったため、錆が発生するリスクがありました。食品業界は特に衛生管理を厳しく、鉄粉や、錆などの異物は厳禁です。お客様の商品のバリエーションが増えたため、チーズアパレイユの増産の依頼もあったことから、これを機に大容量で錆びに強いカッターミキサーへの更新を検討することしました。

出入りの業者さんに相談したところ、大量仕込みができるカッターミキサー(ロボクープR-45)を紹介いただきました。45ℓの大容量容器で、一度に20kgまでの撹拌処理が可能で、材質はステンレスで丈夫で錆に強いとのこと。全国のテストキッチンで無料デモが可能で、地元広島にもテストキッチンがあり、後日デモを実施することになりました。

実際に使ってみたところ、一度に大量のチーズアパレイユを作ることができ、投入・取出しの回数を大幅に減らせると感じました。さらにレバーで容器を傾斜して、好みの角度で止めることが可能なため、取出し時の手間や力仕事を減らすことができました。加工時間や撹拌スピードはタイマーで設定できるので、作業をマニュアル化することで、誰でも簡単に、同じ品質のチーズアパレイユをつくれます。

容器やカッター刃一式は簡単に取り外しがで可能なため、洗浄も簡単で、手を切る危険も減らすことができます。プログラミングで撹拌時間・スピードを設定しているため、ボタンを押すだけで経験が浅い作業者でも、簡単にクリームホイップを作ることができます。これなら大量の仕込みができ、安全性も高く衛生的で、使い勝手が良いことから、工場に導入することにしました。

チーズアパレイユの生産性は5.5倍の向上が達成し、お客様からの増産のご依頼に応えることができました。衛生面も向上し、当社の課題を解決することができました。

定量効果 ・生産性5.5倍に工場(処理量5.5ℓ/回→31.0ℓ/回)¥)
定性効果 ・衛生面向上
・作業性向上

食品製造の効率化に
関するお悩みを解決!